飲みに行く前に知っておきたい「時間制」と「ボトル制」の違いを検証します。

MENU

時間制とボトル制

キャバクラの多くは「時間制」です。
要は「1時間5,000円」というように決められており、その中に「女の子料金」と「ハウスボトル(テーブルにあらかじめ置かれているボトル。多くは焼酎やウイスキーなど)」などが含まれています。
また、お店によっては飲み放題である場合もあります。

 

設定されている以外の飲み物や食べ物を頼んだり、設定以上の時間滞在したり、テーブルに着いた以外の他の女の子の指名を行ったりすると、セット料金以外の料金が発生します。

キャバクラの料金相場は?

 

キャバクラではあまり採用されていませんが、「ボトル制」で営業を行っているお店もあります。
ボトル制度多くは高級クラブなどで採用されています。

 

ボトル制とは、初回の来店時に必ずボトルを入れる制度です。

 

ボトル制を採用しているキャバクラの場合、ボトルは別料金になるので、セット料金とボトル代がかかることになります。
ボトルはお店や銘柄によって値段が異なる為、高いボトルを入れてしまうと数万円かかってしまうこともあります。

 

並んだボトル

 

また、ボトル制を採用しているお店の場合、ハウスボトルが用意されていないので、頼んだボトルのお酒かお酒をその都度頼む事になります。他のお酒を頼む場合、そのお酒の料金が別途かかる事がほとんどです。
そのため、想像以上の金額になることが多いです。

 

2回目以降に来店する場合、ボトルが残っていればセット料金が、ボトルが無ければ新たにボトルを入れる必要がある為、初回と同じくらいの金額がかかることになります。

 

どういった制度を採用しているのかはお店によって異なるので、キャバクラに来店前にお店のホームページなどで料金制度を調べてから来店するようにしたほうが賢明です。