酒癖が悪い、しつこくアフターや店外デートに誘う、不潔で臭いを発しているなどが挙げられます。

MENU

こんな男は嫌われる

キャバクラと聞くと、煌びやかな雰囲気の中で美しい女性たちと会話を楽しみながらお酒を飲むというイメージを持つ人が大半だと思います。

 

実際にキャバクラを訪れてみると綺麗なドレスを着た「キャバ嬢」という女の子が男性客の横に座り、会話を楽しみながら焼酎やウイスキーの水割りを作ってくれたり、タバコに火をつけてくれる等、至れり尽くせりの雰囲気を楽しむことが出来ます。

 

乾杯で盛り上がる

 

また、会話のプロでもあるキャバ嬢が相手ですから、普段は女の子とあまり喋る機会のない人や女性慣れしていない人でも安心して楽しむことが出来ます。

 

しかし、いくら至れり尽くせりの雰囲気を提供してくれるキャバクラでも「嫌われる男性」というのは存在します。

 

まずキャバクラで働くスタッフに嫌われやすい男の特徴としては「極限まで値切ってくる」という点が挙げられます。通常、キャバクラでは1時間(ワンセット)3000円~8000円という風に料金が決められていますが、外でお客を待っているスタッフと交渉すれば時折、料金を下げて貰えることがあります。
しかし、それに味をしめて毎回のように極限まで値切ろうとする男はスタッフから嫌われます。

 

 

また、キャバ嬢から嫌われる男にも幾つかの特徴があります。
キャバクラで働く女の子達から嫌われやすい男の特徴として代表的なのは「酒癖が悪い」という点が挙げられます。
酒癖にも色々ありますが、特に女の子に対して暴言を吐いたり、お酒のせいで気が大きくなってボディタッチが増える男性はキャバ嬢から嫌われてしまうので注意が必要です。

 

さらにキャバ嬢をしつこくアフターや店外デートに誘うといった行為も女の子たちに嫌われる原因となるので覚えておく必要があります。

 

また、言動や行動に問題がなくても身だしなみが整っていなかったり、不潔で臭いを発しているような男もキャバクラでは嫌われ者になってしまうので注意が必要です。