お店のスタッフや女の子と接する際には、物腰の柔らかい言動を心がけることが大切です。

MENU

店の中で好印象の言動

キャバクラに通いつめる男性は世の中に数多く居ますが、中にはお店にとって「悪い印象」を持たれている人も少なからず存在しています。
お店に悪い印象を持たれてしまうとお気に入りの女の子への指名を拒否されたり、最悪の場合はお店を「出入り禁止」になってしまうので注意が必要です。

 

逆にキャバクラで好印象を持って貰う事で女の子だけでなく、お店のスタッフとも顔馴染みになったり仲良くなれる可能性があります。
お店のスタッフに好印象を持って貰えたなら男性側にも多くのメリットがあるので、事前にお店の中で「好印象を持って貰える言動や行動」について把握しておく事が大切です。

 

男性スタッフ

 

お店の中で好印象を持って貰う為にはまず第一に「物腰の柔らかい言動」を心がける必要があります。
キャバクラではたまに「高圧的な言動や態度」を取る男性客を見かけますが、いくらお酒のせいで気が大きくなっていても高圧的な言動を繰り返す人はお店側から煙たがられます
そのため、いくら酔っていてもお店のスタッフや女の子と接する際にはなるべく物腰の柔らかい言動を心がけることが大切です。

 

また、キャバクラを訪れた際にお店のスタッフや女の子たちに好印象を与える言動としては「気遣う言葉」が挙げられます。たとえばトイレなどで席を立ったとき、お店のスタッフとすれ違う際に「お疲れ様です」といった言葉で労ってあげるだけでも好印象を与える事が出来ます。

 

また、大体のキャバクラではトイレに立つ男性客を女の子がエスコートしてくれますが、その際にも「ありがとう」などの言葉を投げかけるだけでもかなり印象が良くなります。特にお気に入りの女の子の前ではそういった気遣いの言葉や言動を意識しておくと意外な関係へと発展する可能性も高くなります。

 

また、女の子に対しては席に付いてすぐに「何か飲む?」といった言動を男性客側から発してあげると非常に良い印象を与えることが出来ます。