キャバクラで気に入った女の子がいた場合に利用する「本指名」と「場内指名」とは?

MENU

場内指名と本指名の違い

キャバクラに来店されるお客様は最初から女の子の指名があるお客様と、女の子の指名が決まっていないフリーのお客様の2通りがあります。

 

来店時に女の子の指名がある場合、その指名を「本指名」と言います。
キャバクラに来店すると、まずボーイさんに指名があるかどうかを尋ねられます。
そのときに指名がある場合はその子の名前をボーイさんに伝える事で、女の子を指名する事が出来ます。
もし女の子の指名がかぶった場合、他の席から移動するまでの間ヘルプと呼ばれる他の女の子が接客をしてくれます。

 

指名をすると女の子の「指名料」が加算され、指名された女の子の給料がアップします。
本指名をするお客様には、数回来店しているお客様が再度同じ女の子から接客を受けたくて指名するパターンと、お店のホームページなどで女の子の写真を見て、気になって指名するパターンがあります。

 

本指名と場内どっちにする?

 

「場内指名」は指名する女の子がいないフリーのお客様がお店にいる間にお気に入りの女の子が見つかった場合、その子を指名する事が出来る制度です。
一般的にキャバクラは1人の女の子がずっとその場に着くわけではなく、何人かの女の子が入れ替わります。
そのため、場内指名をすると入れ替わりをせずにその子の着席時間を延長する事が出来ます。

 

また、セット料金に指名料が上乗せされた金額を支払う事になります。
ちなみに場内指名の場合でも女の子の給料はアップしますが、本指名よりも少ない金額になります。

 

場内指名は本指名よりも指名料が安くなる事が多いため、単純に席にたくさん女の子をつけたいお客様が使う手段として使うこともあります。女の子は場内指名を貰ったことで本指名に繋げる為にがんばって接客してくれます。