殆んどの常連客は二回目以降からお気に入りの女の子を来店時に”本指名”するのが一般的です。

MENU

キャバクラの基礎知識

男性であれば誰もが一度は興味を持つ「キャバクラ」ですが、この名称は一昔前に一般的だったキャバレークラブを省略した呼び方として知られています。

 

キャバクラでは基本的にキャバクラ嬢と呼ばれる女の子とお客さんが一対一で会話を楽しみながらお酒を飲むという過ごし方をします。
また、キャバクラ初心者の人にとって最も気になるのは「料金システム」に関する事だと思いますが、キャバクラでは基本的に指名アリと指名無しで料金と楽しみ方が違ってきます。

 

キャバクラでは複数の女の子たちが待機しており、お客さんに指名された場合は一定の「バック」が発生します。
つまり、お客さんに指名されればされるほどキャバクラ嬢はお金をたくさん稼げる事になるので、お気に入りの女の子に素早く好印象を与えたいのであればお店に通って何度も指名してあげるのが最も手っ取り早い方法だと言えます。

キャバ嬢に気に入られるには

 

また、指名をしなくてもキャバクラでは十分に楽しめますが、女の子の指名をしなかった場合は10分~15分で女の子は退席し、別の女の子が席に付くことになります。
無指名の場合このローテーションが続く為、せっかく会話が盛り上がっても楽しくなってきた頃に別の女の子と交代になるので、思い切り女の子との会話を楽しみたいのであれば最初から気になった女の子を指名しておく事が大切です。

 

 

ドリンクを持つキャバ嬢

 

また、女の子にとっては「ドリンク」も重要な収入源となっています。
キャバクラでは基本的にワンセット(一時間)につき3000円~6000円と料金が決まっており、お客さんが飲むドリンクは焼酎やウイスキーに限り飲み放題となっている場合がほとんどです。

 

しかし、お客さんがビールやカクテルといったお酒を飲みたい場合は別料金を支払って注文を行います。
女の子が横に付いたとき、通常であればそのまま会話を楽しむだけですが指名した女の子に何かしてあげたいと考えるのであれば、ドリンクを注文してあげる事によって(ドリンクバック)と呼ばれるインセンティブが発生します。
確かにお客さんが負担するドリンク代は大変ですが、指名した女の子に気に入られたいのであれば一杯~二杯くらいドリンクをご馳走してあげるのもひとつの手だと言えます。

店の中で好印象の言動

 

ちなみに指名をせずフリーで楽しみたいという場合でも、途中で気に入った女の子が居た場合は「場内指名」を行うことによってお気に入りの女の子とゆっくり語らう事が出来るようになります。
キャバクラに慣れている人であれば、初めて行くお店ではフリーで入って女の子を物色し、気に入った子が居れば場内指名をして楽しみます。
また、大体の常連客は二回目以降からお気に入りの女の子を来店時に「本指名」するのが一般的となっています。

 

ワインで乾杯するキャバ嬢

 

ちなみにキャバクラが初めてという男性の場合、中には「キャバクラ嬢と話す自信が無い」といった人も数多く居るかと思います。
しかし、たとえ男性慣れしたキャバ嬢とはいえ基本的には同じ人間ですから、心を通わせる事を意識してトークを楽しめば自ずと道は開けてきます。

 

中には初回の来店で連絡先を交換し、そのまま交際に発展したという強者も居るくらいですから、キャバクラには「男性の夢」が詰まっていると言っても過言ではありません。

 

もちろん最初から上手くいくという事は非常に稀ですが、何度も足しげくお店に通ってお気に入りの女の子を指名してあげる内に心を通わせる事は可能です。
また、一緒に語り合う時間が長くなればなるほど相手の女の子もこちらに情を持ってくれるようになりますから、女の子の心を掴むためにも定期的にキャバクラで遊ぶ事が大切です。